「一般社団法人ミャンマー人材開発機構」はミャンマーの有力教育機関と全面業務提携し、ヤンゴン市内に教育施設と有能な教師陣を設定し、日本の現場に合わせたキメの細かい研修カリキュラムを確立しております。勿論日本語教育も6ヵ月間充実しており、指示された内容をきちんと理解し、そして正しく報告する能力を養成いたします。 ミャンマーの若者達はこれまで、中近東やアセアン諸国に安価な労働者として出稼ぎ的な就労が主でした。2013年5月に日本とミャンマー間で取り交わされた実習生派遣に関するR/D締結は、そうした不遇な若者達に一筋の明かりと夢を与えるものであります。日本で技術の習得に努め、帰国後は有為な人材として将来の国創りに大きな役割を果たすことが出来るようになります。

ミャンマー技能実習生制度

●塗装・防水業界専門、初のミャンマー技能実習生制度です。

●日本語だけでなく、塗装・防水技能教育を6ケ月間、現地で行います。

●日本での技能教育の負担が大幅に軽減します。

●現地の人材確保は、僧侶や村長さんから推薦してもらった人材で、優秀で誠実です。

DSCN2845勤労意欲の高い地方の若者を多く獲得するため、ウエッブサイトからの求職票提出を可能にしていますが、塗装、防水関係の人材確保にあたっては、ヤンゴン周辺より遠方の農村に出向き、村長さんや僧侶から推薦を頂いた人材を志願者としてご用意しており、それにより、入国後の失踪率を軽減しております。

DSCN2821●日本の技能実習生制度を理解し、日本語と技能実習目標を達成し、健全な社会人として、国際交流の意義を理解できるようにします。

●更に日本語の学習と技能訓練を通じて日本人とコミュニケーションが出来て、職場にすぐに適応出来るように教育を行っております。

●日本語能力検定N4レベルのクリアーだけでなく「聞く、話す」の能力を身に着けさせ、指示された内容を理解し、正しく報告する能力を養います。

●そして日本の文化と日本の習慣、日本人の物の考え方、チームワークの意識、信頼関係の大切さ、安全衛生、規則の順守、生活ルールなどを身に着けます。

●学校に居る間は日本語だけを話すように指導もしています。また、将来日本での技能実習生期間においても健康で規律を守れるよう、日本の習慣を指導しています。

SONY DSC「ミャンマー技能実習生制度」は、マンション大規模修繕業界にとって今後最も大きなテーマになります。
現状は、受入れ会社が国内に人材を受入れてから、初めて塗装、防水の技能教育をスタートする事になり、即戦力になるためには、多くの時間がかかる事になり、又、それを教える指導者の負担も膨大になってしまいます。
当ミャンマー研修機構は6ヵ月間、日本語教育と同時に塗装、防水の基礎教育を行い少しでも半人前の技能者にして日本に送出す制度です。
現在この分野で、現地教育制度を実施しているのは、当機構のみとなっております。

一般社団法人 ミャンマー人材開発機構
〒160-0023 新宿区西新宿8-12-1サンパレス新宿 603
TEL 03-6304-0278 FAX 03-6304-0279
E-mail: info@zenken-center.com
http://www.kensyumyanmar.com

提携
logo-asia公益社団法人アジア技術技能人材交流協会