「一般社団法人ミャンマー人材開発機構」はミャンマーの有力教育機関と全面業務提携し、ヤンゴン市内に教育施設と有能な教師陣を設定し、日本の現場に合わせたキメの細かい研修カリキュラムを確立しております。勿論日本語教育も6ヵ月間充実しており、指示された内容をきちんと理解し、そして正しく報告する能力を養成いたします。 ミャンマーの若者達はこれまで、中近東やアセアン諸国に安価な労働者として出稼ぎ的な就労が主でした。2013年5月に日本とミャンマー間で取り交わされた実習生派遣に関するR/D締結は、そうした不遇な若者達に一筋の明かりと夢を与えるものであります。日本で技術の習得に努め、帰国後は有為な人材として将来の国創りに大きな役割を果たすことが出来るようになります。

実習生受入の流れ

1、技能実習生受入の決定し全国建物調査診断センターと受け入れ機関と契約します
元請会社及び下請会社と技能実習生受入相談を行い、決定後、全国建物調査診断センターへの求人申込みをします。
2、送出研修機関へ技能実習生受入条件の通知
受入企業が希望する受入人数の約3~7倍の候補者を募集します。
3、送出機関で技能実習生候補の選考(1次試験)
候補者から書類選考、健康診断、技能試験、数学英語筆記試験を行い技能実習生候補者を決定します。
4、現地にて企業が面接し技能実習生を決定(2次試験)
現地にて、受入企業の代表者が直接面接を行い、人間性や語学、技能程度を参考に合格者を最終決定します。

5、現地にて技能実習生への技能教育の実施
現地にて日本語及び塗装、防水の技能教育
6、在留資格認定手続き
受け入れ機関及び送出機関にて、技能実習生と受入企業との雇用契約等、在留資格認定に必要な各種申請書類の作成を行います。
7、技能実習生来日

8、受け入れ機関にて講習の実施
研修センターにて、約1ヶ月、日本語及び法的保護に必要な情報等の講習を実施します。
9、企業へ配属